女性が社会で活躍するためのマインド

どーせ働くなら出世! それから起業もしてみたら人生楽しくなってきた! 女性経営者のブログ

テレワーク、まずは週1日から始めることを目標に!

コロナを機に働き方改革を急速に進めざるを得なくなり、

テレワーク、むっちゃ導入されてるように見えますよね。。。

 

ただ、実態は

大企業でもない限り

いきなりテレワーク導入は課題が多すぎて

日本人の多くが働く中小零細企業では、せいぜい時短がいいとこです。

 

印鑑文化、紙文化の日本では、

全てをオンラインで対応することは時間がかかりすぎるので

テレワークができる部署と、そうでない部署が出てくるのは仕方がないのが現状です。

 

仮に、社内はクラウド導入で対応できても、

請求書や引き落とし通知書は「紙」で来るので、ここを変えるには相当の時間がかかります。

ーーー

 

全ての仕事に当てはまりますが

「ゴール」だけを見ると、先が遠くなり、「無理」となってしまいますが

コロナ第二波を想定し、事業を継続するために

会社に来なくてもできる仕事を増やすこと

から始めてみましょう。

 

そのためにすること

①最終ゴールの形を明確にする

②必要な人の間で、ゴールを共有する

③第1歩から始める

 

まずは、社内にある情報を、インターネットがつながればどこでも見れる状況にすることが、手っ取り早い方法です。

「情報共有」です。

 

個人のpcにしかないデータ、社内サーバーにしかないデータ、部署間でしか見れないデータ・・・

その担当者が急に辞めたらどないなるねん❔ って状況は、コロナ云々関係なく

会社にとってリスクでしかないので、

それをまとめていきます。

 

どうやって???

 

社内サーバーはもう古く、今は、google drive や one drive など、

一流企業が少量ギガ数までですと無料でできるクラウドサービスを提供してくれているので、これを活用します。

 

PCの「ディスクトップ」がそのまま インターネット上に置かれる感じです。

 

面倒なのが、一人に1アカウント、取得しないといけないので、管理が面倒になりますが、かつて むっちゃ便利!と活躍した 社内サーバー設置ほどコストも手間もかかりません。

 

権限設定(閲覧できる人を選べる)があるので、共有すべき相手を選べるし、

必要な情報は全て共有できます。

メールだと、受信したかどうか、心配になりますよね・・・

 

そもそも、共有の前に、「会社のPCでないと仕事ができない」という状況から

「インターネットがつながればどこでも仕事ができる」という状況になるだけでも、

まずは一歩前進です。

 

次に、上司が見たい情報が全ていつでも見れるので、報告・確認作業が減ります。

日報を書かなくても、更新したデータを見れば、仕事の内容も進捗も(スキルも(笑))わかります。

 

 

そうなると、会社でないとできな仕事(ほかのメンバーとのやり取りが必要な仕事や、紙の処理)と、自宅でできる仕事が分けることができます。

 

今まで日本人は、自宅での仕事、に慣れていなかったのですが

いざしてみると、女性は快適!なんで会社にこないといけないの?という意見の方が多いです。

そりゃそうですよね。。。。無駄話で気を使わなくていいし、家事もできるし、パックしながら仕事もできてしまう!

 

男性は、オンオフの切り替えが下手なのか、「自宅はすっかりオフの場」と認識しているからか、 会社に来ないと仕事した気にならない、という意見が多いです。

女性は、自宅でも、したくない家事をしている場合が多いので、オフの場、じゃないんですよね・・・・ 自宅も仕事(家事・育児)が盛りだくさん・・・

ーーー

 

個人の意見はどうであれ、こういう考え方ですと

週1日からの在宅ワーク、導入できそうな気がしませんか?

 

共有クラウドは、大塚商会をはじめ、日本の会社もたくさんサービス提供をしているので、社内の人の考え方、スキルにあったものを選んでくださいね。

 

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com