楽しく幸せに働くためのスキル

仕事で「これってどうなん?」って思ったときに解決できるネタ満載の女社長ブログ

仕事していると悩みはある!悩むと自分を責めがち。 そんな時にこのブログを見ると、あーーー私だけじゃない、とか、こうやって考えたらいいのか、と解決できるネタ満載のブログにしていきます

不倫の心得 「男性は離婚する気はない」

不倫の機会が多いこのごろ。

私が関わっている会社でも多い。。。女性が悩む場合が多い。。。

そして本人たちは気づいていない場合が多いけど、周りにばれている。。。

 

あかんやん!

ってことで、「不倫」をするなら、女性が賢くないとやってけないし

仕事に差し支えたら、結局女性が損するから

不倫の心得をいくつか書いてみようと思います。

 

ーーー

不倫をする男は、離婚する気はない。

 

①不倫相手の女性のことは好きであることは確か。

特に、社内不倫とかは、リスクが高すぎて、よほどのバカな男でない限り、愛情がないと社内不倫はしない。

お金もかかるし面倒なことになることもある程度はわかる。

愛情は奥さんより不倫相手の方がある、って本気で思っている男性も多い。

愛情、、、ね。 

感情って「今」のものだから、今、誰かを愛している、という感情は当然、奥さんより不倫相手にあるでしょう。

 

 

②男は奥さんを大切に思っていても不倫はする。

奥さんは大切だけど、ドキドキがない。

奥さんに対しては愛情というよりは、、、

同情?とか、中々切り離せない男としての責任と長年一緒にいる親しみと執着と憎しみ。

面倒な親や親戚関係、お金、財産問題

世間体。。。

 

奥さんとの間には、不倫相手の女性には到底かなわない背景がある。

そして、そういった 言葉でうまく表現しようのない重荷を勝手に男性が背負っている場合も多い。

 

だから、最近増えている熟年離婚の際に

奥さんから別れを切り出された際に、愕然とする男性が多い。

勝手に背負ってるんですよ、、、女性にはわからない色んなものを。。

勝手に思っているんですよ。。。それが奥さんを大切にしている事って。

 

 

③将来のことなんて、考えてないし、考えるだけ無駄

男性はね、不倫相手との将来なんて、考えてないし、考えれない。

結論がでないから。

奥さんと離婚する、っていう、離婚するする詐欺もいるようだけど

まともな人は、奥さんとの離婚を口にすることはしないし、

不倫相手に愛情があっても離婚という選択肢はない。

なぜなら、②に書いたように、いろんないらんものを勝手に背負っているから。

 

 

 

(結論)

不倫をする女性は

この男性と

一緒にいたい

それが私の幸せ!

ってう、今しか見ない、今幸せならいい、っていう感覚でないと、不倫はお互いにとって辛い結果になってしまいます。

 

 

不倫は「今だけ」楽しむもの。

誰かを傷つけて幸せにはなれない。

 

そもそも、男性は離婚する気はない。

「奥さんと離婚・・・」ってワードを口にしたら、引かれる場合も多いし

子供がいるから難しい、って言われる場合も多い。

 

不倫の心得

「男性は離婚する気はない。だから、今だけ楽しむ。」 

その男性から金品以外の得られるものがあればそれで充分って自分を納得させる。

 

 それでも、心も体も満たされるんだったら、それでいい気もするけどね

くれぐれも、社内でするときは、気を付けてね。

一番大事な、信頼をなくしちゃう可能性もあるから・・・

 

 

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com

 

女の人生の選択(円満離婚)

女性の人生にはたくさんの選択をしなければならないタイミングがあります。

 

年齢を重ねてみると、その時々のタイミングに

しっかりと考え、自分自身が納得して、前に進めると、その後の人生も開けていきます。

そして、「結婚」「子供」という選択をしても「仕事」にプラスになることが多い

語弊がないように付け加えると、今までは 結婚・子供は 女性がキャリアを積んでいくうえでマイナスになることが多かったのは事実でした。

今は、子供のメンタル面、教育面に関しても、プラスにもっていけます。

母親次第ですが。

 

ーーー

私が ブログをしている一番の理由は、

「女性が自由に幸せに生きれる社会にしたい、その中で私が経験し結果を出してきた「仕事」という面を絡めてアドバイスになれば」という思いです。

 

今年もあと3か月、何かを整理するには突っ走れる時期なので、数回、

仕事と女と恋愛をテーマに ブログを書いてみます。

 

ーーー

今回は、子供がいる家庭の離婚とその後の対応について

ーーー

 離婚っていう選択肢に対して、他人がどうこう言うことではないので

離婚を決めた後の対応について、書きたいと思う。

(子供がいる家庭限定の話です)

 

離婚をする、という決断をするときに、ひっかかるのが 子供のこと、という家庭がほとんどだと思います。

 

子供、どうしようか

大丈夫かな

経済的にも精神的にも、子供を育てていけるかな

 

って、心配だったら、

表面的にでも円満に離婚して、父親と母親で一緒に子供を育てればいいだけじゃないの?

 

離婚ってあくまで 「夫婦の問題」

「子供は2人の大切なもの」

 

ありがたい事に、夫婦そろって 「子供は大事」って思えるのであれば

別々の場所で生活をしようと、「父親」と「母親」という立場で

子供に接し続ければいいだけです。

 

ーーー

離婚のときは、二人とも、大人になるんです。

何が一番大事なのか、それが分かっているなら、そこだけを話し合えばいい

ーーー

 

離婚時って、お互いに言いたいことを言いますけど

もう今後、一緒にいない人に、今までどうだった、とか、ここが嫌、とか

そういう「過去」を基準にした話をする必要性ってありますか?

 

そういう過去のつらい思いをさせられた、、、が積み重なって

「離婚」という決断をしたのであれば

 

「離婚後の未来」について話し合うべきなのです。

 

ーーー

ということは、離婚を決めるのは自分。

自分一人で自分の中の本心と話し合いをするだけです。

 

離婚を決めた後は、「相手を傷つけない」「生産性のない話をしない」

この2つを守って、離婚の話し合いをすれば、円満に離婚が勧められます。

 

多分、男性の方が感情的になったり、色々言う人が多いけれど

女性は子供のことを考えて、何も言わない。

 

いわれても言い返さない。

 

男性が落ち着くのを静観する。

 

数か月たつと・・・

 

普通は落ち着く。

 

そこからは、「子供の将来」を中心に話し合いを進めるのです。

 

今まで子供にさほど関心がなかった父親が子供を大切にするようになったり

子供にお小遣いをあげなかった父親がくれるようになったり

生活費はもちろん、困ったときに経済的に援助してくれるようになったり

「男は女で変わる」男を操れる賢い女になるのです!(笑)

 

もちろん、母親がきちんと働き、子供を大切に育てていることが大前提ですが

「離婚してよかった」と心から思える結果になることは難しくありません。

 

 

子供にとって、あんまり仲良くない父親と母親、もしくは表面上は円満でみちょっとしたときにいがみ合ったりする会話を聞いて育つくらいなら

離れて円満に育てる方が、子供の性格に与える影響もプラスになります。

 

日常の会話で、ちょっとした一言にひっかかってつっかかったり

嫌味をいったり、お金のことでもめたり・・・

そういう円満じゃない会話って、子供の心に子供なりの解釈で残ってしまうから

怖いんです。

 

今は年齢関係なく、働くチャンスはあるし、今までパートでも離婚後正社員やある程度収入を得るチャンスはある。

 

ただ、子供が小さい間は、夕食の準備と洗濯をたたんで子供の学校の準備をして会社へ行き、定時に即効帰ってお迎えに行き、子供が寝てから仕事、、、、と、大変すぎる日常も想定内ですが、それもすべて子供と自分の将来のため。

 

子供には、経済的に何でもしてあげられる。

子供が友達と遊びに行くようになったら、仕事の仲間と遊びに行けるしおいしいものを食べにも行ける。

 

そしていつか、「子供」「離婚」「キャリア」すべてに満足できる自分がいるはず。

その時には、前の旦那さんにも、子供と結婚の機会お与えてくれたことに感謝している自分にも出会える。

 

「円満離婚」

死にたいほどつらい時期と、死にそうなくらいの疲労を乗り越えて

賢く頑張った先には、幸せな40代50代があります。

 

離婚をすると決めた人には、円満離婚を考えてほしい。

 

 

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com