楽しく幸せに働くためのスキル

仕事で「これってどうなん?」って思ったときに解決できるネタ満載の女社長ブログ

仕事していると悩みはある!悩むと自分を責めがち。 そんな時にこのブログを見ると、あーーー私だけじゃない、とか、こうやって考えたらいいのか、と解決できるネタ満載のブログにしていきます

女性が離れていく社長の姿

感情的に怒鳴る。

 

冷静に考えると明らかに無理な指示する。

 

アポや約束を自分の都合で平気で変更する。

そして、その変更の連絡をさせられる女性はかなりストレスを抱える。

相手に迷惑をかける、社長の自分勝手な言動に疲れる。

これをしても許されていた時代もあったけれど、今は違う。

今は、嫁にすら、そんな言動をすると、速攻離婚か熟年離婚が待っている。

時代錯誤も甚だしい

 

  ーーー

 

「冷静に考えると」

「相手の気持ちになってみたら」

の、2つを欠いた指示に対して、本当に嫌な気になります。

 

しかし、この2つを欠いた指示をする男性経営者が多い。

 

私は自分が経営者になっても、

いつも、「冷静に」・「相手のことを思いやる」は、当たり前のこととして仕事をしているし

それで失敗はしていない。

 

なぜ、男性経営者は、部下への指示に、この2つを欠いてしまうのか。。。

 

そう思われるような指示をするということは、本当に冷静に考えていないのか

相手のことを考えていないのか

そこは本人にしかわからないけれど、考えていないように思います。

 

そして、そういう言動になるのは

必死で頑張ってきて、しんどい思いもして、やっと売上があがってきて

社員も増えてきて

会社が自分のキャパ以上になった会社の男性経営者に多い傾向です。

 

 

そんなことをしていると

本当にしんどい時に誰もいなくなります。

 

部下は他人。

特に女性部下は他人。

 

女性は部下でも女性。

仕事であろうと、怒鳴られたら委縮します。

ねちねち言われたら、上司であろうと、不快感マックスになります。

後で謝罪されても、許せません。

 

 

会社経営をうまくできる経営者は

人の心を理解しようとする方です。

そういう方は、むやみに怒鳴りません。

相手のことを思いやった指示しかしません。

 

 ーーー

働き方が自由になっている、能力がある人ほど自由に稼げる時代です。

 

そんな時代になっているのに

有能な部下に理不尽な指示を出したり、えらそうに言っているようじゃ

社員は離れます。

 

社員の心をつなぎとめるのは、お金だけではありません。

私の周りの女性、特に40代後半で1000万以上の年収がある女性が

このような男性経営者にうんざりし、退職を選ぶ人が増えています。

 

ーーー

経営者自身が魅力的な思いやりのある人で

筋が通った事業をすすめていく。。。という

本来の姿さえあれば、社員はついてきますから、人を信じて全うに商売をしていこう!

 

 

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com

fortyhime.hatenablog.com