楽しく幸せに働くためのスキル

仕事で「これってどうなん?」って思ったときに解決できるネタ満載の女社長ブログ

仕事していると悩みはある!悩むと自分を責めがち。 そんな時にこのブログを見ると、あーーー私だけじゃない、とか、こうやって考えたらいいのか、と解決できるネタ満載のブログにしていきます

不倫の心得 「本気で向き合える不倫をする」

不倫しているときに、「遊ばれているのかな」っていう人がいるけれど

「遊び」っていう言葉を安易に使わない方が自分のためです。

 

不倫って、ほとんどの場合が、「別れ」しかなくて

決して幸せな未来を二人で描いていくものではない。

だけど、その過程に感じた感情は

本人たちにしかわからない。

 

だから、不倫関係が終わりそうになった時、終わった時、

一緒にいた時間を「後悔」とか「嫌な思い出」にしないためにも

「遊び」という安易な言葉は持ち出さない。

だって。。遊びかどうかは、あなたが一番わかっているはずだから。。

 

ーーー

遊びかどうか、ではなく、本気で向き合ってくれているか、が大事だと思う。

ーー

 

例えば、結婚していることを隠してつきあうって、明らかに「本気で向き合っていない」ですよね。

自分を良く見せようとしているのか、女性が寄ってきやすくさせようとしているのか、面倒な会話をせずに済まそうとしているのか、、、

いずれにせよ、相手の女性と本気で向き合おうとしている人がとる姿勢ではない。

 

「家族が・・・」「子供が・・・」って平気で口にして、時間を作らない人も、思いやりにかけるし、明らかに「二番手」っていうのを強調して女性に我慢を強いているように感じる。

そういう男性も、本気で向き合おうとしているように感じない。

 

ーーー

本気で向き合っていると、時間の規制やラインのルールがあっても

お互いを大事にしあえるし、お互いのことを考えれるし

時にやきもちをやいて醜い感情が出てきたとしても受け止めてくれる。

 

決して、不倫=不幸ではない。

 

もちろん、不貞行為だし、ばれると誰かを傷つけてしまうので

OPENにできるものでもなければ、進んでするものでもない。

 

でも、世の中に不倫が増えていることは事実で

不倫をするなら、ルールを守るべきだと思う。

 

本気で向き合ってきた不倫だったら

ばれないように考えるし、終わった後も後悔はしない。

 

ーーー

不倫って、、、繰り返す人は何度も繰り返します。

その理由は何かというと、女性にとっても都合がよかったりします。

 

ちょっと自分の方が立場が上って思って楽に感じたりもします。

 

いずれにせよ、しないほうがいいけれど

するのなら、ルールを守って、幸せに終わってほしいと思う

 

 

 

fortyhime.hatenablog.com

 

fortyhime.hatenablog.com